ロンドン、MBAホルダーのワーキングホリデー

世界都市ロンドンで、悪天候・不味い飯・高い物価の3重苦に立ち向かうブログ

ロンドンについて


英国EU離脱、ポンド安、夏のバケーションでの観光等、注目を集めている英国、ロンドンについて書いていく。


イギリスの首都であり、ヨーロッパ最大の都市、ロンドンは人口800万人を抱え、経済、特に金融、教育、ファッション、歴史、観光等、何をとっても世界有数の都市、欧州一の都市である。


日本で持たれている西洋に対する”おしゃれ”のイメージを体現する都市であろう。写真にある赤い2階立てのロンドンバスや黒いロンドンタクシー、ブラックキャブは大変美しい。


そして、不味い飯、悪い天気でも有名である。確かにふらっとどこかの店に立ち寄ったのでは不味い飯を食わされることになるかもしれない。友人の口コミ、インターネットレビュー、実際の店の雰囲気等をしっかり見た方がはずれは少ないだろう。天気は確かに雨や曇りが多いが、一日中雨が降ることはそれほどなく、春や夏は曇りもそれほど気にならない。ただ、秋や冬になると曇りの日が増え、日が短くなるので、1、2ヶ月と住んでいると気が滅入ることもあるだろう。高い緯度に位置しているにも限らず、メキシコ暖流のおかげで、意外と冬は寒くなく、東京と同程度である。


また、人種の多様性が非常にあり、EUの恩恵・弊害?を受けて欧州から多くの移民がやってきていて、レストランのウェーター、ある地域の住民には英国人がさっぱり見当たらないということがロンドンではよくある。英語という世界標準語を公用語があり、欧州一の経済都市ロンドンには人材が流入し続ける。EUを本当に離脱することになれば10年、20年後はどうなるか分からないが。


長い歴史があり、今も昔も世界トップレベルで繁栄している世界都市ロンドン。是非一度、いや二度、三度と訪れる価値はあるだろう。訪れる度に今まで気づかなかった顔を見せてくれる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。