ロンドン、MBAホルダーのワーキングホリデー

世界都市ロンドンで、悪天候・不味い飯・高い物価の3重苦に立ち向かうブログ

第2の故郷オーストラリア


今日は私がビジネススクール時に住んでいたオーストラリアについて。


まず私がMBA取得を志した理由は、日本の閉塞感とグローバル化である。というといかにも堅苦しそうだが、ただみんなが話す英語で、世界中の人とコミュニケーションを取りたかったのである。そこで天候・治安のよいオーストラリア、奨学金がもらえたUniversity of Melbourneのメルボルンビジネススクールをチョイスした。


日本にとってオーストラリアは意外と馴染みのない国かもしれない。地理的にもアジアというくくりではなく、それほど近いという感覚もないであろう。近隣国はニュージーランド以外は、メジャーな国はそれほどない。意外と近いインドネシアが北にある他は東ティモール、パプアニューギニア、ソロモン諸島、バヌアツ等のマイナーな国があるだけだ。貧しい国が多い南半球で唯一といってもいいほどの先進国である。


他国と隔離されていることから1800年頃に英国に植民地化されるまで多種の先住民が長らく暮らしていた。また、生態系も個性的で特に有名なのはコアラとカンガルー、加えて、ポッサムやエミューもオーストラリアならではの動物であろう。土地にも恵まれ国土面積は世界6位である。


経済的にも豊かな国で2000万人超の人口にも関わらずGDPは世界10位、一人当たりの所得は世界5位である。豊かな資源を活かし、ボーキサイトや鉄鉱石の輸出が盛んで、牛肉のオージービーフも有名である。


表面的なことばかりになってしまったが、天候がよく自然が豊かで、人々もまったりしているのがオーストラリアのいいところである。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。