ロンドン、MBAホルダーのワーキングホリデー

世界都市ロンドンで、悪天候・不味い飯・高い物価の3重苦に立ち向かうブログ

仕事の探し方

本日のロンドンは珍しく1日中晴れていそうだ。

湿気も少しあるが、比較的カラッとしていて気持ちがいい。

ロンドン中心街にも緑が多く、公園で寝そべっている人が多くいる。


さて、今回は仕事の探し方について書いてみたいと思う。

私が利用したのは以下の3つ。

1、日系エージェント

2、非日系エージェント(英系)

3、オンライン求人

4、企業HP


以下、それぞれの印象を書いていく。


まず、日系エージェントはJAC、Centre People、アクセスアポイントメント、People First, Professional Employmentを利用。


JACはハイクラスの求人を扱っているようで、人によって賛否別れるエージェントのよう。

オフィスへ向かいコンサルタント10人程と一人ずつ面談し、

挨拶、要望、紹介できるポジションについて話した。

社風はフォーマルで、コンサルタントもアクティブではっきりと物をいう方が多い印象。

(おそらく、紹介した人が入社してしばらくたつともらえるインセンティブが企業側にも従業員側にもかなりある笑)

先程ハイクラスとは書いたが、やはりYMSのビザホルダーに紹介できるものはたかが知れている。

コンサルタントは女性がメインでラストネームがカタカナの方が多い。。。笑

やはり英国には男性特に営業経験者が不足しているよう。

基本的にはJACが連絡したいときにこちらへ連絡が来て、

その後のアップデートを向こうからくれることは少ない。


Centre People, Access Appointment, People First, Professional Employmentについては次回記載する。

ちなみに、英系エージェントはRobertWalters、オンラインはガーディアン、モンスター等を利用。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。